• 2020/02/22

頼朝桜まつり開催中!/千葉県鋸南町



現在、千葉県安房郡鋸南(きょなん)町にある佐久間ダム湖親水公園では、「頼朝桜まつり」が行われています。

鋸南町といえば、去年の台風による被害が大きく、当時のニュースでも特に取り上げられていた地域です。
当社でもなにか力になれればと救援物資をお届けした際に実際に町の様子を目の当たりにして愕然としました。
あれから約半年、「頼朝桜まつり」が開催されると知り、ずっと気なっていたこともあって、この機会に取材させていただくことになりました。


2月に咲く桜?と不思議に思い調べてみると、鋸南町の桜は「河津桜」といって、一般的な桜の見ごろよりも早い1月下旬頃から咲き始める桜とのこと。
また、長い間咲くという特徴も魅力の一つです。
さらに驚いたのが桜の色。薄いピンク色の桜を想像して行ったらびっくり、かわいらしい濃いピンク色で、これもまた河津桜の特徴だそうです。

そしておまつりの名前にもある、「頼朝」ですが、鋸南町は、源頼朝にゆかりのある町なんだそうです、ご存知でしたか?
調べてみると、治承4年、石橋山の戦いで敗れた源頼朝は、舟で安房国(現 安房郡鋸南町竜島)に逃れ、再起をはかったという歴史が。
そこから鋸南町では、鋸南町に咲く河津桜を「頼朝桜」の愛称で呼び、町内各所に1万4000本もの桜の木が植え、
日本一の桜の名所とすべく町民一丸となって植樹に取り組んでいます。

頼朝桜まつりが行われている佐久間ダム公園には約400本、現在は6.7分咲や、すでに満開の桜の木も。蕾の木もたくさんあったので、まだまだ楽しめそうですよ。

また、鋸南町で有名なのが水仙の栽培。すでに佐久間ダム湖親水公園の水仙は満開で、濃いピンク色の頼朝桜と緑色の葉と白い花がきれいな水仙、そしてダムとのコラボレーションは写真映え間違いなし!

そして頼朝桜まつりの期間中、竹灯籠でライトアップする「保田川頼朝桜の里 竹灯篭まつり」も開催されます。
手作りの竹灯籠で頼朝桜を照らすイベントで、2000個の灯りに照らされた夜桜もきっと幻想的ですね。

毎年、町民が町をあげて盛り上げる頼朝桜まつり。
たくさんの方が足を運び桜を楽しむことで、少しでも鋸南町の元気の源となると嬉しいですね。
今年は千葉県鋸南町で一足早くお花見を楽しんでみてはいかがでしょうか。

★頼朝桜まつり
2月15日(土)~3月8日(日)

★保田川頼朝桜の里 竹灯篭まつり
3月7日(土)15:00~20:00
場所/保田川権現橋周辺

★桜まつり
3月14日(土)~4月12日(日)
ソメイヨシノ、しだれ桜、八重桜もお楽しみいただけます!